エントリー

2022年11月24日の記事は以下のとおりです。

有井川工事用道路工事小学生見学会。

388.JPG

令和3-4年度 佐賀大方道路有井川工事用道路工事・地元小学生見学会。

 

11月24日に、黒潮町で「令和3-4年度 佐賀大方道路有井川工事用道路工事」の現場見学に上川口小学校のみんなが来てくれました。

 

工事車両が通行するための工事用の橋を、巨大なクレーンでかける工事を見てもらいました。

 

その後、重機やドローンの操縦体験を行いました。

 

みんな笑顔で、元気に体験してくれたので、私たちも自然と笑顔で楽しむことができました。

みんなの想い出の1ページになってくれればうれしいです。

 

近隣住民の皆様も「にぎやかで楽しいねぇ」と笑顔で話しかけてくれました。

 

建設業はみんなの生活を便利で豊かにするために必要なお仕事です。

この経験がきっかけで、「建設業」に興味を持っていただけたら幸いです。

 

いろいろな夢、いろいろな選択肢があると思います。

 

豚座建設は子供たちの夢と未来を応援しています!

 

 

近い将来、遠い未来にもし岐路に立つことがあれば、その選択肢の道の一つに「建設業」を、「豚座建設」を加えていただければ嬉しいです。

 

上川口小学校のみんな、とても楽しかったです。

ありがとうございました。

 

学校の先生、保護者の皆様このような機会をいただき本当にありがとうございます。

 

今回の体験に協力してくださった皆様、工事を一緒にがんばってくれる協力会社・関係各所の皆様ありがとうございます。

 

ご迷惑をおかけしているのにも関わらず、温かく見守り優しい声をかけてくださる、近隣住民の皆様も本当にありがとうございます。

 

今回の現場体験に力注いでくれた、現場監督、本社スタッフの皆様もお疲れ様でした。

【第14回四万十つるの里祭り】が開催されます。

387.jpg

【第14回四万十つるの里祭り】が開催されます。

 

わが国のナベヅル・マナヅル等の越冬地としては、鹿児島県出水(いずみ)市が世界的にも有名であり、世界のナベヅルの約9割がそこで冬を越しています。

 

しかし、越冬地が集中しているために伝染病等による絶滅が危惧され、ツル類の越冬地分散化は国際的な課題となっています。

 

そこで、国は平成13年から、ツルの分散化に向けた検討を始めました。

 

そして、その有力な候補地の1つとして四万十市も選定されました。

 

四万十川(中筋川)流域には、昭和40年代からナベヅル、マナヅル等が飛来しており、平成12年までは越冬も確認されていました。

 

しかし、最近はその姿があまり見られなくなりました。

 

そのため、平成17年から中村商工会議所が中心となり、ツルの越冬地づくりと環境保全を目的とした取り組みを始めました。

 

そして、平成18年3月27日、「四万十つるの里づくりの会」が設立されました。

 

豚座建設もこの「四万十つるの里づくりの会」の会員になっており、様々な民間諸団体および地域住民の皆さんと連携し、取り組みを進めています。

 

また、国土交通省中村河川国道事務所、高知県、四万十市もオブザーバーとしてこの取り組みに参加しています。

 

【四万十つるの里祭り】は、「ツルの里づくり」の取り組みをより多くの地域の方々に知っていただこうと、実施しているものです。

 

豚座建設はこの【四万十つるの里祭り】に協賛しています。

 

 

 

第14回四万十つるの里祭り

 

日時:令和4年11月26日(土)10:00~14:00

 

場所:四万十市立東中筋中学校(四万十市国見222)

 

様々なイベントが開催されます。

 

※新型コロナウイルス感染防止対策のため、マスク着用でのご来場をお願いします。

 

※37.5℃以上の発熱を伴う方、体調不良の方は、ご来場をお控え頂きますようお願いいたします。

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2022年11月

- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

過去ログ


Copyright © 豚座建設株式会社 All Rights Reserved.
Created by freo.